診療科・各部門のご案内

外科

診療内容等

 山形県寒河江・西村山郡の基幹病院として、消化器外科領域(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門・肝臓・胆のう・膵臓)を中心に、乳腺疾患、甲状腺疾患、ヘルニア、気胸など首から肛門までの外科一般を担当しております。

 手術は外科医2〜3人のチームで行われるため、執刀医が主治医という形をとっていますが、スタッフ全員が入院患者さん全員の病状・病態を把握し、チーム医療として主治医が不在の場合にも適切な対応がとれる体制をとっております。手術予定患者に対しては内科・放射線科・外科の医師による症例検討会で手術適応、術式、問題点などを討論して手術に臨んでおります。手術侵襲が少ないといわれている腹腔鏡・胸腔鏡下手術(鏡視下手術)は胆石症以外にも胃・大腸疾患にも適応を広げており、2016年は全身麻酔手術181例中62例34.3%が鏡視下手術で行われました。また、夜間・休日の救急疾患に対してもチームによる迅速な対応、緊急手術ができる体制を整えております。

 手術の説明は原則として、患者さん・家族の方同席で十分時間をかけて(30〜60分以上)説明し、同意をいただいております。悪性疾患の外科治療においては、癌の根治性と手術の安全性、術後のQOLを考慮し、患者さんの病状・病態、全身状態をふまえ、治療方針を決定しております。一部の手術では、患者さんに予め標準的経過・処置の一覧表、即ちクリニカルパス表をお渡しし、理解の一助としております。

 また、専門外来として2010年10月から乳腺外来を、2011年7月から肛門外来を開設しております。

スタッフ

氏 名 稲葉 行男(昭和57年卒)
役職等 副院長(経営改善担当)、日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医・消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、日本医師会認定産業医、検診マンモグラフィ読影認定医、医師臨床研修指導医、緩和ケア研修会修了
氏 名 林 健一(昭和59年卒)
役職等 診療機材部長(兼)病歴管理室長、日本外科学会専門医・認定医、日本消化器外科学会認定医、日本がん治療認定医機構認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、緩和ケア研修会修了
氏 名 佐藤 清(平成2年卒)
役職等 手術部長、日本外科学会専門医・認定医、日本消化器外科学会認定医、消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、ALTA注施注認定医
氏 名 滝口 純(平成7年卒)
役職等 化学療法室長、日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、緩和ケア研修会修了、JABTS主催乳房超音波講習済
氏 名 柴崎弘之(平成9年卒)
役職等 感染管理室長(兼)病歴管理室副室長、検診マンモグラフィ読影認定医、ICD
氏 名 小田切 理(平成23年卒) 
役職等 外科医長、日本外科学会専門医

専門医制度施設認定

  • 日本外科学会認定医制度訓練施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

曜日別勤務表

診療実績

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 
手術総数 460 572 541 412 408  402
全身麻酔手術 244 287 247 200 197  181 
腰椎麻酔手術 140 179 194 148 138  131 
局所麻酔手術 76 106 100 64 73  90 
(主な手術)   
肺手術 1 0 0 0
食道癌手術 0 0 0 0
胃癌手術 25 44 38 28 32  32 
結腸癌手術 33 40 33 33 29  28 
直腸癌手術 19 24 19 13 10  13 
肝臓癌手術 5 5 4 3
膵胆道癌手術 7 6 2 1
甲状腺癌手術 2 7 4 2
乳癌手術 26 42 35 23 20  24 
虫垂炎手術 21 24 14 19 15  13 
鼠径ヘルニア手術 87 91 119 97 96  86 
痔核・痔瘻手術 61 110 96 71 77  77 
胸腔鏡下肺切除術 1 0 0 0
腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 31 35 27 30  21 
腹腔鏡下胃切除術 9 11 16 7
腹腔鏡下結腸切除術 8 15 14 17 17 
腹腔鏡下直腸切除術 9 6 5 6
腹腔鏡下虫垂切除術 2 2 1 7 10 

外科特殊外来

乳腺外来

 祝日を除く毎週火曜日(午後2時〜4時)に、予約制(6人)で乳腺外来を開設しています。
 対象者は、乳房にしこりや痛みなどを感じている方、健康診断や人間ドック等で精密検査を勧められた方、症状は特にないが乳腺の病気が心配な方です。
  診察内容は、マンモグラフィ撮影、視触診、超音波検査、細胞診(必要に応じ)となります。
  担当医師は、日本乳癌学会認定医・マンモグラフィ読影認定医の稲葉行男医師です。
  また、マンモグラフィ撮影はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会撮影認定の女性放射線技師が行います。
  なお、予約制となりますので、下記予約方法にて御連絡ください。
  予約患者数が多い場合等は、御希望日にお受けできない場合がありますのでご了承ください。
  乳がんは、早期に発見されればほぼ完治する病気です。早めの受診をお勧めします。

※ 予約方法は次のとおりとなります。
    ・電話予約 平日 午前9時〜午後5時 電話0237-73-3131(内線135)
    ・窓口予約 平日 午前9時〜午後5時 専門外来受付
※ 御不明な点は、電話0237-73-3131(内線135)または専門外来受付へ

肛門外来

 平成23年7月25日(月)より、祝日を除く毎週月曜日(午前2時〜4時)に、肛門外来を開設しています。
 対象者は痔や肛門疾患で悩んでいる方です。
 担当医は、専門医である、外科佐藤清医師(大腸肛門病学会会員・臨床肛門病研究会会員)です。
 これまでの痔の治療方法は、手術が中心でした。しかし最近は「ALTA療法」という、切らずに、局所の注射によって治療する方法が広まってきました。
 この治療を行うためには資格が必要ですが、担当医は平成18年に資格を取得しています。
 可能な限り、この方法で治療を行いたいと考えています。
 肛門外来は完全予約制となります。予約に関してのお問合せは、医事経営課または外科外来へお願いします。

その他特記事項