診療科・各部門のご案内

泌尿器科

診療内容等

 QOL(生活の質)とインフォームドコンセントを重視した尿路腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症、尿失禁など泌尿器科一般の疾患に対する診療を行っています。また、腎不全に対する治療を行っており、血液透析だけではなく腹膜透析も実施しています。

スタッフ

氏 名 梶沼 陽(平成9年卒)
役職等 人工透析室長、日本泌尿器科学会専門医・指導医
氏 名 細谷 法之(平成15年卒)
役職等 泌尿器科医長、日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医緩和ケア研修会修了

専門医制度施設認定

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設

曜日別勤務表

診療実績

 近年増加している前立腺癌の組織検査である「前立腺生検」は一泊二日で行っています。腰椎麻酔にて行い、できる限り苦痛を伴わないように心がけております。前立腺生検は平均週に2件程度行っています。前立腺癌の治療は、県立中央病院や山形大学医学部附属病院と密な連携をとって行っています。
 膀胱癌については、膀胱温存に努め、経尿道的切除術を行っています。進行度によって膀胱全摘術や放射線療法など集学的治療が必要な際は、やはり県立中央病院や山形大学医学部附属病院と密な連携をとって治療を行っています。
 また、慢性腎不全に対して血液透析を行う際に必要なシャント関連手術は平均月に2例程度行っております。