診療科・各部門のご案内

産婦人科

診療内容等

 西村山地区の産婦人科診療の中核病院として、産婦人科一般を担当しています。なお分娩については休止中です。

 婦人科は、悪性腫瘍の早期診断、早期治療に重点をおき、その他性交痛、骨粗鬆症、高脂血症などの中高年女性の健康管理や、体外受精・顕微授精による高度不妊治療も行っています。

スタッフ

氏 名 平山 寿雄(昭和57年卒)
役職等 検査部長、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医
氏 名 木原 香織(昭和61年卒)
役職等 産婦人科医長、日本産科婦人科学会専門医

曜日別勤務表

診療実績

 手術件数は年間約100件ありますが、特に最近では手術侵襲の少ない腹腔鏡下手術を取り入れています。婦人科悪性腫瘍は手術を原則とし、抗癌剤による化学療法も併用し、治療率も良好な成績を得ております。
 体外受精・顕微授精も成功率は20%以上(1回の胚移植あたり)の良好な成績で、多くの妊娠、分娩例が出ています。

産婦人科特殊外来についてのご案内

本院では、平成17年10月から特殊外来が次のようになりました。
時間は午後2時00分〜午後4時30分までとなっています。

水曜日
(第三水曜日を除く)
産後1ヶ月・ おっぱい外来 通常の産後外来のほかに産後の避妊法の指導、授乳・乳房のトラブルについてご相談に応じます。

 

○不妊治療(体外受精)について
通常の不妊治療でもなお妊娠が困難なご夫婦を対象に、平成12年11月から「体外受精」を実施しています。
詳しくは、産婦人科外来にお問い合わせください。