診療科・各部門のご案内
トップページ >> 診療科・各部門のご案内 >> 放射線部のご紹介

放射線部

放射線部のご紹介

大腸CTドックのご案

 山形県立河北病院では、早期発見するために平成26年より大腸CTドックを開始することになりました。山形県内で大腸CT検査ができるのは当院だけです。大腸CT検査は非常に苦痛の少ない検査です。

大腸CT検査の特長
・ CTを使用して大腸の精密検査ができます。
・ 大腸カメラを挿入しないで大腸の内部がわかります。
・ 2リットルの下剤を飲まずに検査ができます。
・ 痛み、苦しみ、恥ずかしさの少ない検査です。
・ 検査時間は10分程度です。

大腸CT内視鏡像   大腸CTの注腸像   最新の320列CTで検査します  
 大腸CT内視鏡像    大腸CTの注腸像    最新の320列CTで検査します  


大腸CTドック(検査)の流れ
検査日 : 毎週水曜日AM9:00より

  大腸ドック(検診)の流れ  

料金
33,060円(税込み)

ご予約
  山形県立河北病院 ドック担当
  電話番号:0237−73−3131 受付時間:平日8:30〜17:15

マンモグラフィ検査(乳房撮影)を受けてみませんか?

 日本人の生活の欧米化などにより、乳がんの発生率が増加する傾向にあり、山形県においても女性のがん罹患率(年齢別調整)で、第1位となっています。
 マンモグラフィは視触診だけでは発見されにくい微小病変の早期発見に役立ちます。
 マンモグラフィ検査をまだ受けたことのない方、マンモグラフィ検診で精査が必要と言われた方は、早めの受診をお勧めします。

 河北病院では、マンモグラフィ検査を女性の診療放射線技師(検診マンモグラフィ撮影認定技師)で対応しています。マンモグラフィ検査について知りたい事や、気になっている事がありましたら気軽に技師におたずね下さい。
 また、当施設は、マンモグラフィ検診施設画像認定を受けています。
 そして、実績のある外科スタッフが、治療に当たりますので、安心して受診して下さい。

マンモグラフィ検診施設画像認定証

 

自分の骨の健康度を知ることは大切です! 骨密度測定

 平成23年9月に河北病院の骨密度測定装置が新しくなりました。
 米国製の最新機器で、わずか数分寝ているだけで骨の密度を測定します。
 この機器は骨の量が減ってもろくなり、骨折しやすくなる病気の骨粗しょう症の検査に使われます。

(グラフ)大腿部頸部骨折患者数は最近でも増加している 骨密度測定装置

 高齢者の寝たきりの原因のうち約25%が「骨の病気」といわれていますので気をつけなければなりません。特に股関節の骨折は女性の間で年々増加しています。

(グラフ)大腿部頸部骨折患者数は最近でも増加している

健康な人の骨は、密度が高くて丈夫。


骨粗鬆症の人の骨は、スカスカしてもろい。

 当院では 主に婦人科、整形外科で検査を行っていますのでぜひ、一度ご自分の骨の健康チェックしてみませんか。