診療科・各部門のご案内
トップページ >> 診療科・各部門のご案内 >> 設備・医療機器

検査部

 検査部の基本理念:良質で適正な医療を支援するための臨床検査を提供します

 検査部には2名の医師と臨床検査技師の国家資格を持つ15名のスタッフが所属しています。臨床検査技師は患者から採取した血液や尿などの成分、細胞などを検査する検体検査(血液検査、生化学検査、病理検査、細菌検査)と、心電図や超音波検査など患者に直接検査室に来ていただいて実施する生体検査(生理検査)を担当しています。
 急患にも対応するため24時間宿日直体制をとっています。さらに、採血業務も行っております。
 また、検査部には分野毎に学会が認定する認定技師が以下のとおり在籍しており、検査精度の向上やチーム医療に貢献しています。

細胞検査士  2名
国際細胞学会細胞検査士  2名
日本臨床神経生理学
認定技術師(脳波分野)
 1名
超音波検査士(消化器)  2名
超音波検査士(循環器)  2名
認定血液検査技師  1名
緊急臨床検査士  1名
認定臨床化学・免疫化学
精度保証管理検査技師
 1名
二級臨床検査士 血液学  1名
二級臨床検査士 神経生理学  1名


細菌検査室

 細菌検査室では、喀痰や尿、糞便などを材料として、そこに病気の原因となる細菌がいるかを検査しています。原因となる細菌がいる場合には、どの薬が効くのかも検査しています。その他、インフルエンザなどのウイルス検査も行なっています。

検体検査室(生化学)

生化学検査室では、疾患によって増えたり減ったりする血液中の様々な物質を化学的あるいは免疫学的に捉えます。そして早く正確に報告することにより治療に役立てています。

  1. 生化学の機械では、たんぱく質や電解質、酵素などを化学的に反応させ肝臓、腎臓、膵臓など各臓器由来の物質を捉え情報とします。
  2. ホルモンや腫瘍マーカーは通常血液中にはわずかしかありません。この微量な物質は化学発光分析装置で測定します。
  3. B型肝炎やC型肝炎などの感染症も免疫反応を利用して測定します。
  4. 糖尿病検査として血糖、ヘモグロビンA1cを測定することは糖尿病を管理するのに重要となります。
  5. 心臓疾患ではトロポニンTBNPなどを測定し心臓の機能を把握します。

また、私たち臨床検査技師は『糖尿病教室』やNST(栄養サポートチーム)に参加して臨床支援に努めています。

検体検査室(血液・輸血)

 血液検査室では血液分析装置を使用し、血液中の赤血球や白血球、血小板の数を調べています。また、血液の固まり具合を調べる凝固検査や顕微鏡で細胞の形態を観察する血液像検査を行っています。血液中の細胞数を調べることにより貧血や炎症の有無、凝固検査では経口抗血栓薬(ワーファリン等)のモニタリングなどを行います。血液像検査では塗抹標本を作製し、異常細胞の有無などを観察します。
 輸血検査室では、ABO血液型検査およびRh(D)血液型検査を行います。また、不適合輸血や溶血性輸血副作用を未然に防ぐために、不規則性抗体スクリーニング検査および交差適合試験を行っています。患者さんに安全な血液を提供できるように、血液センターから届いた血液製剤を適正に管理し、24時間体制で対応しています。

一般検査室

 一般検査室は尿検査をはじめ、便、髄液、関節液などの検査をしています。
痛みを伴わず採取できる尿検査は、腎・尿路系疾患はもとより全身性疾患のスクリーニングあるいは経時観察に重要な検査です。内容は尿中の糖、蛋白、潜血などを検査する定性検査と、尿中の赤血球、白血球、細胞などの有形成分を顕微鏡でみる尿沈渣があります。
その他、便では潜血検査、関節液では細胞や結晶、髄液では細胞などを検査します。

病理検査室

 病理検査室では、病変の組織や細胞を、顕微鏡で観察し診断しています。大きく分けて「組織診断」と「細胞診」があります。
 「組織診断」は、内視鏡で採取した組織片や、手術で切除した臓器を、臨床検査技師が厚さ3μ(1000分の3mm)に切り、染色して顕微鏡で観察できる標本にします。これを、病理医と呼ばれる専門の医師が診断し、病変の良悪や性質、広がりや転移の有無など、治療方針の決定に役立つ情報を提供しています。また、手術中に切除する範囲を決めたり、転移の有無を確認するために、迅速組織診断を行う場合もあります。
 「細胞診」は、子宮頸部からこすりとってきた細胞や、痰や尿の中にある細胞、乳腺や甲状腺のしこりにある細胞の中に、がん細胞がないか調べる検査です。痛みも少なく、婦人科検診や肺がん検診など定期的に受けていれば、がんを早い段階で見つけることができます。この「細胞診」は、細胞検査士の資格を持った臨床検査技師と細胞診専門医と呼ばれる医師が行っています。

生理検査室

  生理検査室では、心電図や肺機能、脳波、血圧脈波、超音波(心臓・腹部・頸動脈・甲状腺・経食道)、神経伝導検査、トレッドミル、ホルター心電図などの検査をしています。耳鼻科で聴力検査もおこなっています。
 心電図は、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症など)や不整脈などの診断のために行なう心臓機能の検査です。肺機能検査は、呼吸機能障害の有無や診断のために行ないますが、胸一杯吸ったり吐いたりする検査のため患者様の協力が必要です。超音波検査は、超音波検査士の資格を持った臨床検査技師と医師が行っています。
 心電図・肺機能・血圧脈波検査以外は、予約検査です。

採血室

 採血室では、「安心で、安全な採血」を目標にスタッフ一同日々取り組んでいます。さらに、待ち時間が短くなるよう、随時採血スタッフを増やすなどフレキシブルな体制をとり、診療前検査に役立っています。
 採血に関するご質問やお気づきの点がありましたらお気軽にお声をおかけください。