診療科・各部門のご案内
トップページ >> 診療科・各部門のご案内 >> リハビリテーション室
診療科・各部門のご案内
診察予定・診療医一覧
院長あいさつ
河北病院のご案内
  • 診療受付時間
    月曜日〜金曜日 
    午前8:30〜11:30
  • 休診日
    土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
    休日、時間外の診療は急患室にて行っています。
    ただし、12月30日、1月2日は診療日(土・日・振替休日の場合は休診)です。

リハビリテーション室

 リハビリテーションとは、病気やけがなどで心身に障害をもった方に対し、心身機能の維持改善や能力向上を図り、身体的・精神的・社会的にできる限り自立した生活が送れるようにすることです。

 当院のリハビリテーション室は、理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3つの部門があります。

 <理学療法>
起き上がる・座る・立つ・歩くなどの基本的な動作や足の機能訓練を行います。
筋力・関節の動き・バランス能力などを評価しながら、日常生活が円滑に送れるように運動能力の向上をサポートします。
 
 


  <作業療法>
食事や着替えなどの日常生活動作や手の機能訓練を行います。
筋力・関節の動き・巧緻性などを評価しながら、日常生活・家事動作などが円滑に行えるようにサポートします。 
 


バイブラ浴
上肢または下肢の一部を温水の入った浴槽に浸け、噴流発生装置から噴出させた過流を患部に当てて治療を行います。
 

 
<言語聴覚療法>
嚥下(飲み込むこと)や言葉の訓練を行います。
のどや口を中心とした食べる機能の評価・‘話す’‘聞く’‘読む’‘書く’といった言語機能を評価しながら、食事、コミュニケーション等が円滑に行えるようにサポートします。 
 


スタッフは理学療法士6名、作業療法士3名、言語聴覚士2名、事務員1名のあわせて12名です。
 医師、看護師、地域医療支援部、栄養管理室など、他部門のスタッフと連携しながら、整形外科、内科、外科、地域包括ケア病棟、緩和ケア病棟などの患者様にリハビリテーションを行っています。
 疾病発症や入院後、早期からリハビリテーション介入することにより、機能低下の軽減、早期回復を目指しています。
 平成28年4月から、県立病院の中ではじめて土曜日も地域包括ケア病棟の患者様を中心にリハビリテーションを実施しております。