診療科・各部門のご案内
診療科・各部門のご案内
診察予定・診療医一覧
院長あいさつ
河北病院のご案内
  • 診療受付時間
    月曜日〜金曜日 
    午前8:30〜11:30
  • 休診日
    土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
    休日、時間外の診療は急患室にて行っています。
    ただし、12月30日、1月2日は診療日(土・日・振替休日の場合は休診)です。

SPECT-CT〜Single Photon Emission Computed Tomography-CT〜

核医学検査とCT検査を合わせた新しい検査です。

MRI 〜Magnetic Resonance Imaging〜 核医学検査とは、人体にγ線(ガンマ線)を放出するごく微量の放射性医薬品を投与し、体内から出てくるγ線をガンマカメラという装置で検出し画像化する検査です。当院でも以前から行っていた検査ですが、新しい機器に移行し、ガンマカメラ装置にCT装置が加わったSPECT-CT装置が導入されました。これにより、核医学画像とCT画像が容易に重ね合わせることが可能になり、またCTを使って、体内の放射線の吸収量を演算することで、より明瞭なSPECT像を得ることが可能になりました。当院の装置は2個のガンマカメラにCTが加わっています。なお、SPECT(スペクト)とは単一光子放射断層撮影という意味です。体内の放射性医薬品の分布を検出し、その情報をコンピュータで演算処理し人体の輪切りの像に再構成する方法です。

検査の注意事項

○核医学検査はその検査の種類によって放射性医薬品の投与量も変わりますので検査時間が30分以上かかる検査もあります。また、投薬後、3時間や24時間というように時間を置いてから検査する場合もあります