重要なお知らせ

診療科別外来診療予定

〇 診療受付時間 月曜日~金曜日 午前8:30~11:30 (上記以外の外来診察受付時間)
〇 休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
休日、時間外の診療は急患室にて行っています。
ただし、12月30日、1月2日は診療日(土・日・振替休日の場合は休診)です。

病院情報の公開

診療内容等(泌尿器科)



泌尿器科の診療内容等 泌尿器科スタッフへ戻る

 QOL(生活の質)とインフォームドコンセントを重視した尿路腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症、尿失禁など泌尿器科一般の疾患に対する診療を行っています。また、腎不全に対する血液透析を実施しています。



診療実績

 近年増加している前立腺癌の組織検査である「前立腺生検」は一泊二日で行っています。腰椎麻酔にて行い、できる限り苦痛を伴わないように心がけております。前立腺癌の治療は、県立中央病院や山形大学医学部附属病院と密な連携をとって行っています。
 膀胱癌については、膀胱温存に努め経尿道的切除術を行っています。進行度によって膀胱全摘術や放射線療法など集学的治療が必要な際は、県立中央病院や山形大学医学部附属病院と密な連携をとって治療を行っています。 



専門医制度施設認定

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設



患者さんへのお知らせ

  1. 一般社団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業に参加しています。詳しくはこちらをご覧ください。

     bn_ncd.png

     

  2. 臨床研究に関する情報

    当科医師は所属学会において学術的・専門的な研究発表を行っています。 詳しくはこちらをご覧ください。
     

     

  3. 学会発表、論文など。
    泌尿器科医師が主著者となっている原著論文、学術業績のご紹介

〔集計期間〕集計期間: 2018年4月1日~2020年6月30日

〔原著論文〕  (2018年4月から)

  1. Ichiyanagi O, Nishimoto KI, Nagaoka A, Naito S, Yagi M, Ushijima M, Kato T, Tsuchiya N. Association between hyposensitivity of C-fiber afferents at the proximal urethra and storage/voiding dysfunction in female patients with detrusor overactivity. Urol J, in press
  2. Naito S, Kato T, Ichiyanagi O, Narisawa T, Kurokawa M, Yagi M, Ushijima M, Ozawa M, Kanno H, Kurota Y, Fukuhara H, Kuboki Y, Yamagishi A, Sakurai T, Nishida H, Yamanobe T, Tsuchiya N. New prognostic model for synchronous metastatic renal cell carcinoma. Int J Urol. 2020.
  3. Naito S, Ichiyanagi O, Kato T, Kanno H, Narisawa T, Kurokawa M, Ushijima M, Ozawa M, Yagi M, Kurota Y, Fukuhara H, Yamagishi A, Sakurai T, Nishida H, Kawazoe H, Yamanobe T, Tsuchiya N. Effect of third- and fourth-line systemic therapies for metastatic renal cell carcinoma. Sci Rep. 2019;9:15451.
  4. Ichiyanagi O, Ito H, Naito S, Kabasawa T, Kanno H, Narisawa T, Ushijima M, Kurota Y, Ozawa M, Sakurai T, Nishida H, Kato T, Yamakawa M, Tsuchiya N. Impact of eIF4E phosphorylation at Ser209 via MNK2a on tumour recurrence after curative surgery in localized clear cell renal cell carcinoma. Oncotarget. 2019;10:4053-68.
  5. Ozawa M, Ichiyanagi O, Fujita S, Naito S, Fukuhara, H, Suenaga S, Takai S, Narisawa T, Hosoya N, Ishii T, Yamanobe T, Muto A, Suzuki H, Nishida H, Kato T, Tsuchiya N. Risk of SOFA deterioration in conservative treatment for emphysematous pyelonephritis: pitfalls of current trends in therapeutics from multicenter clinical experience. Curr Urol. 2019;12:134-41.
  6. Ichiyanagi O, Nishimoto KI, Nagaoka A, Naito S, Yagi M, Ushijima M, Kajinuma A, Kato, Tsuchiya N. Possible roles of urethral C-fiber afferents in storage/voiding dysfunction in female patients. European Urology Supplements. 2019;18:e106-e7.
  7. Naito S, Ichiyanagi O, Ito H, Kabasawa T, Kanno H, Narisawa T, Fukuhara H, Yagi M, Kurota Y, Yamagishi A, Sakurai T, Nishida H, Kawazoe H, Yamanobe T, Kato T, Makhov P, Kolenko V, Yamakawa M, Tsuchiya N. Expression of total and phospho 4EBP1 in metastatic and non‑metastatic renal cell carcinoma. Oncol Lett. 2019. doi: 10.3892/ol.2019.10033.
  8. Ichiyanagi O, Fukuhara H, Kurokawa M, Izumi T, Suzuki H, Naito S, Nishida H, Kato T, Tsuchiya N. Reinforcement of the Triple D score with simple addition of the intrarenal location for the prediction of the stone-free rate after shockwave lithotripsy for renal stones 10-20 mm in diameter. Int Urol Nephrol. 2019;51:239-45.
  9. Ichiyanagi O, Naito S, Ito H, Kabasawa T, Narisawa T, Kanno H, Kurota Y, Kurokawa M, Fukuhara H, Sakurai T, Nishida H, Kato T, Yamakawa M, Tsuchiya N. Levels of  4EBP1/eIF4E activation in renal cell carcinoma could differentially predict its early and late recurrence. Clin Genitourin Cancer. 2018;16:e1029-e1058.

〔症例報告〕  (2018年4月から)

  1. Nishida H, Fukuhara H, Yamagishi A, Hosoya N, Ichiyanagi O, Sakurai T, Naito S, Yamanobe T, Kato T, Tsuchiya N. Living kidney transplantation without perioperative anticoagulation therapy for a patient with heparin-induced thrombocytopenia. IJU Case Reports. 2020.
  2. Yamagishi A, Ichiyanagi O, Naito S, Ito H, Kabasawa T, Yamakawa M, Tsuchiya N. Primary mesenchymal chondrosarcoma of the kidney without HEY1-NCOA2 and IRF2BP2-CDX1 fusion: A case report and review. Oncol Lett. 2020;19:885-91.
  3. 伊藤英、山岸敦史、黒川真行、堀江繫光、八木真由、黒田悠太、菅野秀典、櫻井俊彦、西田隼人、内藤整、柴崎智宏、川添久、一柳統、加藤智幸、長岡明、土谷順彦、樺沢崇充、相澤桂子、石澤賢一。von Willebrand病患者に対する腎部分切除術の経験。日本泌尿器科学会雑誌、2019;110:196-200
  4. Horie S, Nishida H, Sakurai T, Ichiyanagi O, Kato T, Yagi M, Asai T, Tsuchiya N. Pazopanib-induced crystal deposition in intestinal mucosa in a patient with retroperitoneal liposarcoma. Int J Urol. 2018;25:627-629

〔著書〕 (2018年4月から)

  1. 一柳統:シンプル腎・泌尿器科学、東京、南江堂、2019年9月、冨田善彦、今田恒夫編、尿路結石症、第16章、p307-326

 

〔学会発表〕  (2018年4月から)

○ 国際学会

  1. Naito S, Ichiyanagi O, Ito H, Ozawa M, Ushijima m, Yagi M, Narisawa T, Kanno H, Kurota Y, Kato T, Tsuchiya N. eIF4E phosphorylation inhibits metastasis in clear cell renal cell carcinoma. The annual meeting of the American Urological Association 2019, Chicago, USA. May 3-6, 2019.
  2. Narrisawa T, Naito S, Ito H, Sakurai T, Ichiyanagi O, Kato T, Makhov P, Kolenco V, Tsuchiya N. Role of FGFR4 in clear cell renal carcinoma and its potential as a new therapeutic target. The annual meeting of the American Urological Association 2019, Chicago, USA. May 3-6, 2019.
  3. Ichiyanagi O, Nishimoto KI, Nagaoka A, Naito S, Yagi M, Ushijima M, Kajinuma A, Kato T, Tsuchiya T. Possible roles of urethral C-fiber afferents in storage/voiding dysfunction in female patients. The 34th annual congress of the European Urological Association, Barcelona, Spain. March 15-29, 2019.
  4. Kanno H, Naito S, Ichiyanagi O, Narisawa T, Ito H, Nagaoka A, Ito S, Suenaga S, Fukuhara H, Kurota Y, Yagi M, Yamagishi A, Sakurai T, Nishida H, Kawazoe H, Abe A, Yamanobe T, Kato T, Tsuchiya N. ERK5 is a promising therapeutic target for clear cell renal cell carcinoma. MP88-18, The American Urological Association’s 2018 annual meeting, May 18-21, San Francisco, CA.

○ 国内学会(全国規模の学会)

  1. 小澤迪喜、一柳統、藤田英、髙井諭、末永信太、成澤貴史、内藤整、西田隼人、石井達矢、山辺拓也、加藤智幸、土谷順彦。気腫性腎盂腎炎に対する初期治療として経皮的・経尿道的ドレナージは有効である。~山形県における気腫性腎盂腎炎の臨床的検討より~。第84回日本泌尿器科学会東部総会 ディベートセッション2-3、2019/10/04 東京港区台場(ヒルトン東京お台場)
  2. 一柳統、梶沼陽、八木真由、牛島正毅、長岡明、加藤智幸、土谷順彦。過活動膀胱に対する新規β3受容体作動薬vibegronの初期使用経験。2019/09/12 第26回日本排尿機能学会 東京、墨田区両国(KFC Hall & Rooms)
  3. 一柳統、梶沼陽、福原宏樹、和泉卓司、石井達矢、山岸敦史、西田隼人、内藤整、加藤智幸、土谷順彦。尿路結石症例における腎乳頭CT値の臨床的意義に関する検討。2019/04/19 第107回日本泌尿器科学会総会 名古屋市(名古屋国際会議場)
  4. 成澤貴史、内藤整、伊藤裕美、櫻井俊彦、一柳統、牛島正毅、小澤迪喜、菅野秀典、黒田悠太、八木真由、山辺拓也、加藤智幸、土谷順彦。線維芽細胞増殖因子受容体タイプ4は腎癌薬物療法の新規標的になりうる。2019/04/18 第107回日本泌尿器科学会総会 名古屋市(名古屋国際会議場)
  5. 牛島正毅、一柳統、伊藤裕美、内藤整、成澤貴史、八木真由、黒田悠太、菅野秀典、櫻井俊彦、川添久、山辺拓也、加藤智幸、土谷順彦。腎細胞癌におけるアドレナリンβ受容体とカテコールアミン刺激の役割。2018/09/29 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  6. 成澤貴史、内藤整、伊藤裕美、櫻井俊彦、小澤迪喜、牛島正毅、菅野秀典、八木真由、黒田悠太、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。淡明型腎細胞癌におけるFGFR4の機能解析と治療標的としての可能性について。2018/09/28 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  7. 金子沙也加、伊藤裕美、内藤整、成澤貴史、黒田悠太、菅野秀典、八木真由、牛島正毅、小澤迪喜、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。腎細胞癌におけるGSK-3による4EBP1/eIF4EおよびMNK1/eIF4Eを介した蛋白質翻訳と細胞増殖制御機構の解析。2018/09/28 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  8. 伊藤裕美、一柳統、内藤整、菅野秀典、成澤貴史、黒田悠太、金子沙也加、牛島正毅、小澤迪喜、八木真由、加藤智幸、土谷順彦。腎細胞癌においてリン酸化eIF4Eは細胞遊走を抑制し晩期発現を抑制する。2018/09/28 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  9. 一柳統、伊藤裕美、内藤整、成澤貴史、黒田悠太、菅野秀典、八木真由、櫻井俊彦、川添久、山辺拓也、加藤智幸、土谷順彦。mTORC1下流シグナル活性化は非転移性淡明細胞型腎細胞癌の根治術後再発の予測因子になりうる。2018/09/28 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  10. 内藤整、菅野秀典、伊藤裕美、加藤智幸、一柳統、成澤貴史、八木真由、牛島正毅、小澤迪喜、黒田悠太、櫻井俊彦、土谷順彦。細胞核でのERK5発現は腎癌において予後不良因子である。2018/09/27 第77回日本癌学会学術総会 大阪市(大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪)
  11. 一柳統、西本憲一、梶沼陽、長岡明、八木真由、土谷順彦。女性患者における尿道損失係数と尿道C線維に対する電気刺激知覚最小閾値との関係性。2018/09/27 第25回日本排尿機能学会 名古屋市(名古屋国際会議場)
  12. 福原宏樹、櫻井俊彦、西田隼人、内藤整、川添久、阿部明彦、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。根治的膀胱全摘術における手術感染部位(Surgical site infection: SSI)発症の危険因子に関する検討。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  13. 山岸敦史、成澤貴史、八木真由、菅野秀典、櫻井俊彦、内藤整、西田隼人、阿部明彦、川添久、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。当院における膀胱癌に対する膀胱全摘術についての検討。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  14. 阿部明彦、八木真由、一柳統、長岡明、伊藤英、福原宏樹、西田隼人、川添久、加藤智幸、土谷順彦。当院におけるTVM治療の検討。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  15. 山辺拓也、伊藤英、黒田悠太、八木真由、山岸敦史、櫻井俊彦、西田隼人、内藤整、川添久、阿部明彦、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。非拝細胞性陰嚢内腫瘍の検討。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  16. 川添久、伊藤英、末永信太、福原宏樹、八木真由、山岸敦史、内藤整、西田隼人、阿部明彦、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。山形大学における開腹前立腺全摘除術とロボット支援前立腺全摘除術の一年間の健康関連QOLの比較。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  17. 一柳統、福原宏樹、石井達矢、黒川真行、和泉卓司、阿部明彦、鈴木仁、柿崎弘、加藤智幸、土谷順彦。径10-15mmの腎結石に対する対外衝撃破結石破砕術の治療成績予測に関するTriple D scoreの有用性。2018/04/21 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  18. 黒川真行、一柳統、内藤整、伊藤裕美、菅野秀典、成澤貴史、櫻井俊彦、加藤智幸、柿崎弘、土谷順彦。mTORC1下流経路活性化が非転移性淡明細胞型腎細胞癌に対する根治切除後の再発時期に及ぼす影響。2018/04/20 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  19. 加藤智幸、武田裕司、伊藤裕美、黒田悠太、奈良英利、櫻井俊彦、西田隼人、内藤整、川添久、荒木明美、一柳統、土谷順彦。転移性腎細胞癌患者予後因子としての末梢血中GPI-80発現。2018/04/20 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  20. 末永信太、内藤整、伊藤英、山岸敦史、八木真由、櫻井俊彦、西田隼人、阿部明彦、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。山形大学における腎癌全身治療逐次療法の検討。2018/04/19 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)
  21. 伊藤英、内藤整、福原宏樹、成澤貴史、八木真由、櫻井俊彦、西田隼人、阿部明彦、川添久、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。全摘標本から見た前立腺癌に対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討。2018/04/19 第106回日本泌尿器科学会総会 京都市(京都国際会館)

○ 国内学会(地方会、研究会など)

  1. 成澤 貴史、内藤 整、伊藤 裕美、櫻井 俊彦、一柳 統、加藤 智幸、土谷 順彦。腎癌におけるFGFR4の発現と治療標的としての可能性について。2019/7/6 第50回腎癌研究会 東京(ホテル椿山荘東京)
  2. 一柳統、梶沼陽、和泉卓司、石井達矢、福原宏樹、加藤智幸、土谷順彦。上部尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術後の結石消失率に与えるサルコペニアの影響。2019/04/27 第259回日本泌尿器科学会東北地方会 山形市(山形国際ホテル、2F)
  3. 一柳統:ミラべグロンと抗コリン薬の併用療法について。第111回山形泌尿器科研究会。16:30-17:00、201811/11 山形市(山形国際ホテル、2F、平成東)
  4. 末永信太、櫻井俊彦、伊藤英、山岸敦史、黒田悠太、八木真由、西田隼人、川添久、阿部明彦、山辺拓也、一柳統、加藤智幸、土谷順彦。神経線維腫症I型(neurofibromatosis type I: NF1)に合併した悪性末梢神経腫瘍の左副腎転移・腎転移の1例。2018/04/28 第257回日本泌尿器科学会東北地方会 盛岡市(盛岡地域交流センター マリオス18F)

○ 講演 (2018年4月から)

  1. 一柳統: かかりつけ医がみる過活動膀胱診療のポイント。ベオーバ錠発売1周年記念講演会、2019/11/15、山形市(ホテルメトロポリタン山形3F、「朝日」))
  2. 一柳統: かかりつけ医がみる女性OABの診療。山形OABフォーラム、2019/10/16、山形市(大手門パルズ3F、霞城)
  3. 一柳統:かかりつけ医が診る過活動膀胱の診療。ベオーバ錠Web講演会、2019/06/11、山形市(センチュリープレス山形5F キッセイ薬品工業山形営業所)
  4. 一柳統、西本憲一、長岡明、土谷順彦。尿道粘膜C線維知覚異常と畜尿・排尿機能障害。2018/12/14 The 2nd Skill Improvement of Urologic Laparoscopic Surgery 2018 in Yamagata 山形市(山形国際ホテル、5F、蔵王)
  5. 一柳統:過活動膀胱の臨床。北村山地区薬剤師会生涯学習研修会、2018/11/16、東根市(東根市さくらんぼタントクルセンター)
  6. 一柳統:過活動膀胱と尿失禁。寒河江西村山薬剤師会生涯学習研修会、2018/10/24、寒河江市(ホテルシンフォニー本館)
  7. 一柳統:私の泌尿器科診療 ~これまでとこれから~。寒河江市西村山郡医師会学術講演会、2018/08/21、河北町(山形県立河北病院 外来棟2階 会議室)

 

○ 出演 (2018年4月から)

 

  1. 一柳統:YBCラジオ、ドクターアドバイスで今日も元気。「過活動膀胱について」2018/10/15~10/19、月曜日から金曜日、6時30分~6時45分、12時40分~12時55分